又吉イエス

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

又吉イエス (1944年-)[編集]

又吉イエス(本名 又吉光雄)は日本の政治運動家。政党『世界経済共同体党』の党首。

  • その第一段階としての沖縄県知事選に、唯一神又吉イエスが立候補しているというのに、 稲嶺恵一・吉元政矩・新垣繁信らが立候補している。 (中略) 従って、彼らは(中略)沖縄県・日本・世界の全ての子や孫・ひ孫達の命を殺す者である。この責任が人類のもろもろの全ての責任に優先する最大の責任である。稲嶺恵一・吉元政矩・新垣繁信らは、他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する。従って、稲嶺恵一・吉元政矩・新垣繁信らは腹を切って死ぬべきである。また、稲嶺恵一・吉元政矩・新垣繁信らはただ死んで終わるものではない。彼らは無責任な悪人であり、唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込む者達である。稲嶺恵一・吉元政矩・新垣繁信らを支持する県民も彼らと同様に腹を切って死ぬべきは当然であり、また、唯一神又吉イエスがそういう県民を当然、地獄の火の中 に投げ込むものである。
  • 海江田万里・与謝野馨・佐藤文則らは、他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する。従って、海江田万里・与謝野馨・佐藤文則らは腹を切って死ぬべきである。また、海江田万里・与謝野馨・佐藤文則らはただ死んで終わるものではない。彼らは無責任な悪人であり、唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込む者達である。海江田万里・与謝野馨・佐藤文則らを支持する有権者も彼らと同様に腹を切って死ぬべきは当然であり、また、唯一神又吉イエスがそういう有権者を当然、地獄の火の中に投げ込むものである。