大江雲澤

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

大江雲澤(おおえ うんたく 文政5年(1822年 - 明治32年(1899年)) は日本の医家。中津藩御典医家である大江家の五代にあたる。華岡医塾大坂分塾である合水堂に学んだ。帰国後は藩医をつとめ、中津医学校(明治4、1871年設立)の設立にも貢献した。

帰せられるもの[編集]

医則[編集]

  • 第一則
    医は仁ならざるの術、務めて仁をなさんと欲す
    醫不仁之術欲務為仁
  • 第二則
    実中に虚を察し、虚中に実を察す 医はなお兵(いくさ)の如し
    実中察虚虚中察実醫猶兵也
  • 第三則
    病に対して利を図り、名を好み、怪しきをすることなかれ。己を資すに非ずして、天地の造化を助けに及ばず。
    對病勿図利好名為怪
    非為己資実助造化之不及
  • 第四則
    寇(あだ)には矛(ほこ)をとり武を奪うを知るも、これを撫安するを知らず。火には水をもってこれにむかうを知るも、火をもって火を制することを知らず。根本を治めて末節を処理し、病因を治めることを忘れず症状に対す。網でなく、魚を取れる人でないと、道を共にするは難し。
    知冠操戈奮武不知撫安之
    知火以水嚮之不知以火制火焔
    本治標治因治現非忘
    筌取魚之士難共言道矣
    弘化元年(1844年)一月二十五日 大江寛伯容題

外部リンク[編集]