小林多喜二

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林多喜二[編集]

小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年10月13日(明治36年) - 1933年2月20日(昭和8年))は、日本人の小説家、共産主義者である。現在の秋田県生まれ。北海道小樽市育ち。治安維持法違反容疑で逮捕され、東京府築地警察署にて特別高等警察の拷問により獄死した。

  • 「おい、地獄くんだで!」
    二人はデッキの手すりに寄りかゝつて、蝸牛カタツムリが背のびをしたやうに延びて、に抱え込んでゐる凾館の街を見てゐた。
    -漁夫は指下まで吸ひつくした煙草タバコを*1(唾)と一緒に捨てた。
    巻煙草はおどけたやうに、色々にひつくりかへつて、高い船腹サイドをすれずれに落ちて行つた。
    彼は身体一杯酒臭かつた。
    • 『蟹工船』より
    • 1は口編に塵