新美南吉

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
Jump to navigation Jump to search

新美南吉 (1913年-1943年)[編集]

にいみ なんきち。日本の作家。

小説[編集]

  • お母ちやん、お手々が冷たい、お手々がちんちんする。
『手袋を買いに』(執筆、1933年)
  • 「ほんとうに人間はいいものかしら」
『手袋を買いに』
  • 「ごん、お前だつたのか。いつも栗をくれたのは」
    ごんは、ぐつたりと目をつぶつたまゝ、うなづきました。
    兵十は火縄銃をばたりと、とり落しました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。
『ごん狐』(1932年)
  • 「わしの、しょうばいのやめ方はこれだ」
     それから巳之助は池のこちら側の往還(おうかん)に来た。まだランプは、向こう側の岸の上にみなともっていた。五十いくつがみなともっていた。そして水の上にも五十いくつの、さかさまのランプがともっていた。 (中略)
    「お前たちの時世はすぎた。世の中は進んだ」
    と巳之助はいった。そしてまた一つ石ころを拾った。二番目に大きかったランプが、パリーンと鳴って消えた。
    「世の中は進んだ。電気の時世になった」
     三番目のランプを割ったとき、巳之助はなぜか涙がうかんで来て、もうランプに狙いを定めることができなかった。
『おじいさんのランプ』(1942年)