木下利玄

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下利玄(1886年1月1日 - 1925年2月15日)[編集]

きのした りげん。日本の歌人・詩人。

作品[編集]

  • 裏まちに うちすてられし 犬の子の なく馨さむき 冬のあめかな
  • あすなろの 高き梢を 風わたる われは涙の 目をしばたゝく
  • 牡丹花は 咲き定まりて 静かなり 花の占めたる 位置のたしかさ
  • 街をゆき 子供の傍を 通る時 蜜柑の香せり 冬がまた来る
  • 曼珠沙華 一むら燃えて 秋陽つよし そこ過ぎてゐる しづかなる徑