村上天皇

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村上天皇

村上天皇 (むらかみてんのう、926年 - 967年)は平安時代の天皇。

村上天皇に帰せられる引用[編集]

  • 逢坂もはては行き来の関もゐず尋ねて訪ひこ来なば帰さじ -- 『榮花物語』巻第一「月の宴」 
うさかも てはいききの きもいず ずねてといこ なばかえさじ
あうさか はてはいきき せきもい たずねてとい きなばかえさ
合わせると・・「あはせたきものずこじ」 濁点を取ると、「あはせたきものすこし」。
意味は「合わせ焚き物(調合したお香)を少し下さいな」という意味。

村上天皇についての引用[編集]

  • 清少納言三巻本系『枕草子』
    村上の前帝の御時に 雪のいみじうふりたりけるを 様器にもらせ給ひて、梅の花をさして 月のいとあかきに 村上のみかど「これに歌よめ。いかゞいふべき」と兵衞の藏人に給はせたりければ、「雪月花の時」と奏したりけるをこそ、いみじうめでさせ給けれ。
Wikipedia
ウィキペディアにも村上天皇の記事があります。