林志玲

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林志玲(リン・チーリン)

林志玲(モデル・女性・1974年台湾生)の発言集。

仕事関連[編集]

  • いきなりやって来たものは、去ってゆくのも早い。 ―――2010年、「運命に流されるまま急に国際的な大スターになった彼女の、変化の多い芸能生活についての“すでに心構えをしているような言葉”」として。[1]
  • 私は野望が強いタイプではありません。幸運なことに、いつもいいチャンスに恵まれ、非常に感謝しています。頑張って応えるべきとも思っています。 ―――2011年[2]
  • 私は将棋のコマの一つなので、誰がどのように私をコントロールし、どんな結果が出るかまでは考えられない。 ―――2013年、女優業への悪評、とりわけ主演作「天機・富春山居図」(2013年)の興業成績不振に伴う世間からの悪評について。[3]

恋愛関連[編集]

  • メディアは、私が今週は誰といた、翌週は別の人と一緒だったなどと様々な報道をしている。だから、これからはこういう問題には答えないことにしました。みなさんが自由に想像できるようにしてあげましょう。 ―――2005年、「多くの人が、あなたのプライベートに興味を示していますが、実際にはどうですか?」と問われ。[4]
  • まだ、です。学生時代は初恋の人を運命の人、と思っていました。でも今は違う。いつかめぐり会って、一生を、お互い年寄りになっても人生を共に歩んで行けるような男性が現れるのを待っています。 ―――2010年、“運命の恋人”について、「もう出会った?」と問われ。[5]

その他[編集]

  • 私は日本が大好きですよ。古い歴史、現代化された現在、希望ある未来がうまく調和している国だと思います。来るたびに自由で新鮮な空気を感じています。 ―――2011年、日本について。[2]
  • 親にもらった体に傷をつけたら、神様にお尻を叩かれるわ。―――2012年、香港メディアによる自身の美容整形疑惑についてコメントを求められ。[6]
  • 私の顔をみなさんは10数年も見てきたはずです。なので、整形していないと分かるでしょう。 ―――2012年、自身の整形疑惑報道について。[7]

出典[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも林志玲の記事があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズCategory:Lin Chi-lingに関するメディアがあります。