法顕

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法顕(337年-422年)[編集]

ほっけん。中国、六朝時代、東晋の西域・インド求法僧。

仏国記[編集]

法顕が自ら記した西域・インド旅行記。別名、『高僧法顕伝』『歴遊天竺記伝』。

  • 上に飛鳥なく、下に走獣なし。 但だ死人の枯骨を以って、慓幟と為すのみ。
    上無飛鳥、下無走獸。 但以死人枯骨、爲慓幟耳。
    上空に飛ぶ鳥なく、大地には走る獣もいない。…ただ死人の白骨を目印として進むのみである。

        沙漠の旅行の厳しさを表現した言葉。