清原深養父

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清原深養父

清原深養父(きよはらのふかやぶ 生没年未詳)は、平安時代中期の官人、歌人。清原元輔は子または孫。清少納言の祖父または曽祖父に当たる。

 出典の確かなもの[編集]

『古今和歌集』[編集]

  • はまだ宵ながらあけぬるを のいづこにやどるらむ
    藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • 心をぞわりなき物と思ひぬる見るものからや恋しかるべき
  • 光なき谷には春もよそなればさきてとくちる物思ひもなし