源経信

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
源経信『月百姿』

源経信(みなもと の つねのぶ、1016年 - 1097年)は、平安時代後期の日本の公家・歌人。宇多源氏、権中納言・源道方の六男。官位は正二位・大納言。桂大納言と号す。小倉百人一首では大納言経信

引用[編集]

  • 君が代はつきじとぞ思ふ神風や御裳濯川みもすそがはのすまむかぎりは
    • 『後拾遺和歌集』収録。
  • 沖つ風吹きにけらしな住吉の松のしづ枝をあらふ白波
    • 『後拾遺和歌集』収録。
  • 夕されば門田の稲葉おとづれて芦のまろやに秋風ぞ吹く
    • 『金葉和歌集』『小倉百人一首』収録。
  • 玉柏たまがしは庭も葉広になりにけりこや木綿ゆふしでて神まつる頃
  • 朝戸あけて見るぞさびしき片岡の楢のひろ葉にふれる白雪
    • 『千載和歌集』収録。
  • ふるさとの花の盛りは過ぎぬれど面影さらぬ春の空かな
    • 『新古今和歌集』収録。
  • さもあらばあれ暮れゆく春も雲の上に散ること知らぬ花し匂はば
    • 『新古今和歌集』収録。
  • 早苗とる山田のかけひもりにけり引くしめなはに露ぞこぼるる
    • 『新古今和歌集』収録。
  • すむ人もあるかなきかの宿ならし蘆間の月のもるにまかせて
    • 『新古今和歌集』収録。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも源経信の記事があります。