「カトゥルス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
古代ローマの詩人(Gaius Valerius Catullus)。
 
*ともに生きようよ、ぼくのレスビア、そして愛し合おうよ。/噂好きのやかましい年寄りの話には/全部あわせても銅貨一枚の価値もない。/[[太陽]]は沈み、また上る。/けれどぼくたちには、短い光が沈んだら、/永遠に続く夜の[[眠り]]があるだけ。/ぼくに千回口付けをしておくれ。
**ラテン語: ''Vivamus, mea Lesbia, atque amemus, /rumoresque senum severiorum/ omnes unius aestimemus assis!/ Soles occidere et redire possunt:/Nobis cum semel occidit brevis lux/Nox est perpetua una dormiena/ Da mi basia mille''
*:-''CARMINA'', XI
*:-''CARMINA''. XX
 
*けれど[[]]がその恋人にいうことは/[[]]と流れる[[]]のなかに書かれなければいけない。
** ''sed mulier cupido quod dicit amanti / in vente et rabida scribere oportet aqua''
*:-''CARMINA''. LXX
792

回編集

案内メニュー