猿丸大夫

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿丸太夫(さるまるだゆう)は伝不詳の日本の歌人。藤原公任により三十六歌仙の一人とされたが、今日では実在性を疑われる。

猿丸太夫のものとされることがあるもの[編集]

  • おく山に紅葉ふみわけなく鹿の こゑ聞く時ぞはかなしき
    藤原定家の『小倉百人一首』にも猿丸太夫のものとして収録。『古今和歌集』では読み人知らず。藤原公任『三十六人撰』により猿丸太夫のものとされ「おくやまの」とする。他に『猿丸集』では「秋山の」とする。