王之渙

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 之渙(おう しかん、688年 - 742年)は、中国・唐の詩人。并州晋陽(山西省太原市)の出身。字は季陵。

引用[編集]

  • 薊庭けいてい蕭瑟しょうしつとして故人稀なり、いずれの処か高きに登りてしばらく帰るを送らん。今日暫くともにす 芳菊ほうきくの酒、明朝はまさ断蓬だんぽうって飛ぶべし。
薊庭蕭瑟故人稀/何処登高且送帰/今日暫同芳菊酒/明朝応作断蓬飛————九日送別

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも王之渙の記事があります。