竹中正久

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

暴力団山口組四代目組長・竹中正久(1933年 - 1985年)の発言集。

  • なにい、こらっ!関西でも骨のあるやつ、1匹や2匹おるねんぞ、こらっ!おんどれ、手の届かへん思て能書きぬかすと、明日の朝、血の雨降らしたるぞ、こらっ!” ― 福岡・博多署に留置され地元九州の暴力団員と房を隔てて口論になった際に。[1]
  • 世間さまから見れば、かげ花の極道が、どのつらさげての記者会見や。極道がスター気取りで世間さまに笑われる。あれらが昨日まで同じ釜のメシを食った仲間と思うと、情けないがな。極道は極道の分をわきまえとれというんや。” ― 山口組から分裂した一和会記者会見を開いた際に。[1]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 『六代目山口組完全データBOOK』 : “修羅場に生きる男たちが放った 痺れる名言集:竹中正久四代目組長” (p.217) 2008年1月1日 ISBN 978-4-86201-328-6 メディアックス