紀女郎

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紀女郎(き の いらつめ)は奈良時代の日本の女性歌人。『万葉集』巻四によると名は小鹿(おしか)、安貴王の妻。

引用[編集]

引用はウィキソース日本語版により、適時振り仮名を補った。番号は国歌大観番号

怨恨の歌[編集]

  • 世の中の女にしあらば我が渡る痛背あなせの川を渡りかねめや
    • 『万葉集』巻四643
  • 今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へば
    • 『万葉集』巻四644
  • 白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆ
    • 『万葉集』巻四645

その他[編集]

  • 神さぶといなにはあらずはたやはたかくして後に寂しけむかも
    • 『万葉集』巻四762
    • 詞書「紀女郎が大伴宿祢家持に贈れる歌」
  • 玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやも
    • 『万葉集』巻四763
    • 詞書「紀女郎が大伴宿祢家持に贈れる歌」