臼田亞浪

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
臼田亞浪

臼田亞浪 (うすだ あろう、1879 -1951)、日本・長野県出身の俳人。

作品[編集]

亞浪句鈔(大正14年)[編集]

  • 凩(こがらし)や裏の雲夕焼くる
  • 元日や日のあたりをる浅間山
  • 妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ
  • 郭公や何處までゆかば人に逢はむ
  • 氷挽く音こきこきと杉間かな
  • 木曽路ゆく我も旅人散る木の葉

旅人(昭和12年)[編集]

  • 河鹿啼く水打つて風消えにけり
  • 山霧にきりきり吹かれけり
  • 草原や夜々に濃くなる天の川
  • えにしだの夕べは白き別れかな
  • そのむかし代々木ののほととぎす

白道(昭和21年)[編集]

  • 山雷や毛野の青野に人も見えず
  • 巣にくだる鷺のもろ羽の碧(あを)みさす
  • 身延の燈煌々と嗄(か)れきりぬ
  • 谷底に田打てる見えて一人なり
  • 刈りそめし稲に落つ日箭(や)も匂へり

定本亞浪句集(昭和24年)[編集]

  • はくれむや起ち居のかろき朝来り
  • 寒の噴井(ふきゐ)が眼鏡くもらしぬ
  • 烏瓜赤しと子らの触れゆきぬ
  • 風日々に冬至となりし日の黄なり
  • 深くなりて無氣味な朝焼す