良暹

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

良暹(りょうぜん、生没年不明)は、平安時代中期の日本の僧侶・歌人。出自・経歴については不明であるが、比叡山(天台宗)の僧で祇園別当となり、その後大原に隠棲し、晩年は雲林院に住んだといわれている。一説では、康平年間(1058年 - 1065年)に65歳ぐらいで没したともいわれている。1038年(長暦2年)9月の「権大納言師房家歌合」などいくつかの歌合に出詠している。

引用[編集]

  • 逢坂の杉のむらだちひくほどはをぶちに見ゆる望月の駒
    • 『後拾遺和歌集』収録。
  • さびしさに宿をたち出でて眺むればいづくも同じ秋の夕暮
    • 『後拾遺和歌集』『百人一首』収録。
  • おぼつかなまだ見ぬ道を死出の山雪ふみ分けて越えんとすらん
    • 『詞花和歌集』収録。
    • 詞書「病おもくなり侍りけるころ、雪のふるをみてよめる」。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも良暹の記事があります。