藤原道信

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原道信

藤原道信(ふじわら の みちのぶ、972年‐994年)は、平安時代中期の公家・歌人。太政大臣藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。

引用[編集]

  • 明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな
    • 『後拾遺和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • うれしきはいかばりかは覚ゆらむ憂きは身にしむここちこそすれ
    • 『大鏡』「右大臣師輔」[1]にみえる。懸想した為平親王女婉子女王が藤原実資に嫁した際に詠んだ歌。
  • 限りあれば今日ぬぎ捨てつ藤衣はてなきものは涙なりけり
    • 『拾遺和歌集』収録。詞書「恒徳公の服脱ぎ侍るとて」。父為光の一周忌(993年)に詠まれた歌。
  • 朝顔を何はかなしと思ひけむ人をも花はさこそ見るらめ
    • 『拾遺和歌集』哀傷部収録。詞書「朝顔の花を人のもとにつかはすとて」。『和漢朗詠集』では第五句「いかが見るらむ」とする[2]

注釈[編集]

  1. 『大鏡』佐藤球校註、明治書院、1922年、p.89。国立国会図書館近代デジタルライブラリー、コマ番号49。http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/964404 より2015年10月29日 (木) 07:23 (UTC)取得。
  2. 川口久雄全訳注『和漢朗詠集』講談社学術文庫、1982年、1997年(第24刷)、p.226。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも藤原道信の記事があります。