藤原道綱母

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
藤原道綱母

藤原道綱母(ふじわら の みちつな の はは、936年頃 - 995年)は、平安時代中期の日本の歌人。藤原倫寧の娘。藤原兼家の妻の一人となり一子藤原道綱を儲けた。また、兼家の旧妻である源兼忠女の娘を引き取り養女にしている。兼家との結婚生活の様子などを『蜻蛉日記』につづった。小倉百人一首では右大将道綱母。

引用[編集]

和歌[編集]

『蜻蛉日記』上巻[編集]

  • 消えかへり露もまだ干ぬ袖のうへに今朝はしぐるる空もわりなし
    • 他『後拾遺和歌集』収録
    • 『蜻蛉日記』には天暦八年(954年)九月に結婚した月末の歌とある。
  • 歎きつつ独りぬる夜のあくるまはいかに久しきものとかは知る
    • 他『拾遺和歌集』『大鏡』『小倉百人一首』収録。
  • 吹く風につけてもとはむささがにの通ひし道は空に絶ゆとも
    • 他『新古今和歌集』収録。
    • ささがには蜘蛛の古語。
  • いかがせむ山の端にだにとどまらで心も空に出でむ月をば
    • 『後拾遺和歌集』では下の句を「こころの空にいづる月をば」とする。
  • 曇りの月とわが身のゆくすゑのおぼつかなさはいづれまされり
    • 『後拾遺和歌集』では初め二句を「くもる夜の月とわが身の行末と」とする。
  • 絶えぬるか影だにあらば問ふべきをかたみの水は水草みくさゐにけり
    • 他『新古今和歌集』収録。

『蜻蛉日記』中巻[編集]

  • 花に咲き実になりかはる世を捨ててうき葉の露と我ぞぬべき
    • 他『玉葉和歌集』収録。
  • 降る雨のあしとも落つる涙かなこまかに物を思ひくだけば
  • 袖ひつる時をだにこそ嘆きしか身さへ時雨のふりもゆくかな
    • 『続古今和歌集』では初句を「袖ぬれし」とする。
    • 天禄二年(971年)九月末日詠。本項『蜻蛉日記』の節も参照。

『蜻蛉日記』下巻[編集]

  • もろ声に鳴くべきものを鶯は正月むつきともまだ知らずやあるらむ
    • 『玉葉和歌集』収録。

その他[編集]

  • 都人寝で待つらめやほととぎす今ぞ山辺を鳴きて過ぐなる
    • 『拾遺和歌集』では下の句を「今ぞ山べをなきていづなる」とする拾遺巻二102
    • 家集後注「この歌は寛和二年歌合にあり」。
  • 薪こることは昨日に尽きにしをいざ斧の柄はここに朽たさむ
    • 『拾遺和歌集』『枕草子』「小原の殿の御母上とこそは」収録。小原の殿は道綱。

『蜻蛉日記』[編集]

本節の引用は物集高見監修、物集高量校註『校註日本文学叢書』第4巻、広文庫刊行会、1918年、国会図書館デジタルライブラリー[1]による。ただし旧漢字は新字体に改め、仮名の省略記号などは開いた。

  • 斯く有りし時過ぎて、世中よのなかにいと物果ものはかく、兎にも角にも着かで世に経る人ありけり。容貌かたちとても人にも似ず、心魂こころだましひも有るにもあらで、斯う物のやうにも有らであるも、道理ことわりと思ひつつ、唯だ臥し起きあかし暮らすままに、世中よのなかに多かる古物語ふるものがたりの端などを見れば、世に多かる空言そらごとだにあり。人にも有らぬ身の上まで、書き日記にきして、珍しきさまにもありなむ。天が下の人の品高き女と訪はむためしにもよかしと覚ゆるも、過ぎし年月としつき頃の事も、覚束おぼつかなかりければ、ても有りぬべき事なむ多かりける。
    • 「蜻蛉日記」上巻[2]
    • 書き出しの一節。

藤原道綱母に関する引用[編集]

  • この母君きはめたる和歌の上手におはしければ、この殿の通はせ給ひけるほどのこと、歌など書き集めて、かげろふの日記と名づけて、世にひろめ給へり。
    • 大鏡』「藤原兼家伝」

注釈[編集]

  1. 物集高見監修. “校註日本文学叢書・第4巻”. 2015年11月16日 (月) 16:08 (UTC)閲覧。
  2. 物集高見監修. “校註日本文学叢書・第4巻”. p. 1. 2015年11月16日 (月) 16:08 (UTC)閲覧。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも藤原道綱母の記事があります。