賈島

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

賈島(かとう、779年 - 843年)は、唐の詩人、官吏。

推敲の語源[編集]

ある時、詩作に悩み、「僧は推す」と「僧は敲く」のどちらの表現が良いかを思いあぐねて町中を歩いていたところ、役人を務めていた韓愈の行列に突き当たった。いかなる理由で行列に気付かず当たったかを詰問され、韓愈に詩作で悩んでいた件を打ち明けて、「僧は推す」と「僧は敲く」のどちらが望ましいかを詩人としても名高い韓愈に教えを乞うた。これを聞いた韓愈は行列にぶつかられた無礼を咎めず、「僧は敲く」の方が良いと即答した。これに感じ入った賈島は、韓愈に弟子入りさせてもらうよう懇願したという。これが、「推敲」の語源である。

五言律詩[編集]

「身死声名在,多応万古伝。」(哭孟郊より)

口語訳:その身が死んだとしても名声は滅びず、まさに多く(の事績作品)が長らく後世に伝わるであろう。