鶴彬

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴彬(1909年 - 1938年)、日本の川柳作家。

川柳[編集]

  • 俺達のにいろどつた世界地図
  • 飢迫る米倉をくつがへし
  • 軍神の像の真下の失業者
  • 毒瓦斯が霽(は)れて占領地の屍
  • 血税に上る兵工廠の煙
  • 指のない手に組合旗握りしめ
  • 稼ぎ手を殺し勲章でだますなり
  • 肺を病む乳房にプロレタリアの子
  • 血を喀いて坑をあがれば首を馘り
  • 昼業と夜業夫婦をきりはなし
  • 足をもぐ機械だ手当もきめてある
  • 孫までも搾る地主の大福帳
  • 奪はれた田をとりかへしに来て射殺され
  • 銃剣で奪つた美田の移民村
  • ふるさとは病ひと一しょに帰るとこ
  • 血を吸ふたままのベルトで安全デー
  • 転地すれば食へぬ煙の下で病み
  • 嫁入りの晴衣こさえて吐く血へど
  • ベルトさへ我慢が切れた能率デー
  • 生命捨て売り出て今日もあぶれ
  • みな肺で死ぬる女工の募集札
  • 吸ひに行く―姉を殺した綿くずを
  • ざん壕で読む妹を売る手紙
  • 修身にない孝行で淫売婦
  • 待合で徹夜 議会で眠るなり
  • 売った日を命日よりもさびしがり
  • フジヤマとサクラの国の餓死ニュース
  • 屍のゐないニュース映画で勇ましい
  • 万歳とあげて行った手を大陸において来た
  • 手と足をもいだ丸太にしてかへし
  • ロボットを殖やし全部を馘首する