1990年の日本シリーズ

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアにも1990年の日本シリーズの記事があります。

1990年の日本シリーズに関する関係者等のコメントを掲載する。

関係者等[編集]

特記ない限り呼称等は試合当時のもの。

読売ジャイアンツ[編集]

監督 藤田元司

「(相撲に例えれば)立ち上がったら、そのまま突き飛ばされて土俵の外に出ていた」[1]

「ただあれよあれよという間に負けてしまった」[1]

「(3連敗後4連勝で制した)1989年の日本シリーズの記憶は薄れつつあるが本シリーズの印象は強烈」[1]

岡崎郁

「私の野球観が変わった」[1]

原辰徳

「(監督として臨んだ2002年の日本シリーズに際して、西武への印象を)苦手を通り越して、コンプレックス。トラウマ的なものさえ感じる」[2]

川相昌弘

「思い出すのもおぞましい」[3]

西武ライオンズ[編集]

監督 森祇晶

「何もいうことはない。みんながそれぞれの働きをしてくれたし、西武の野球を見せようという意地もあった。選手の集中力がビンビン伝わってきた。全員が火の玉となってくれたことが、うれしい」[4]

ヘッドコーチ 黒江透修

「(シリーズを4勝0敗で制した)いま、ボクは西武のヘッドコーチとしての強烈な喜びと、巨人のOBとしての寂しさ、情けなさを一緒に味わっている」[5]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『藤田前監督 巨人軍を語る』日本放送出版協会、1993年3月、ISBN 4140800909、163頁 - 168頁
  2. 『巨人軍5000勝の記憶』 読売新聞社、ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。86頁
  3. 川相昌弘 『明日への送りバント』 ロングセラーズ、2005年3月。ISBN 978-4-8454-2067-4 122頁
  4. 森祇晶 『覇道―心に刃をのせて』 ベースボール・マガジン社、1996年2月、283ページ、ISBN 4-583-03277-3
  5. 週刊ベースボール通算1854号、pp.28、1990年11月12日