カール・マルクス

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

カール・マルクス (1818年5月5日 - 1883年3月14日)はドイツの経済学者、哲学者、革命家。

出典が明らかなもの[編集]

共産党宣言[編集]

Manifest der Kommunistischen Partei. Marx/Engels, MEW 4, 1848

  • ヨーロッパに幽霊が徘徊している、共産主義の幽霊が。--序文
    "Ein Gespenst geht um in Europa, das Gespenst des Kommunismus."
  • 今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である。
    "Die Geschichte aller bisherigen Gesellschaft ist die Geschichte von Klassenkämpfen." - Manifest der Kommunistischen Partei. Marx/Engels, MEW 4, S. 462, 1848 - Manifest der Kommunistischen Partei. Marx/Engels, MEW 4, S. 1, 1848
  • 共産主義者は、自分の見解や意図を隠すことを恥とする。共産主義者は、彼らの目的は、既存の全社会組織を暴力的に転覆することによってのみ達成できることを、公然と宣言する。支配階級をして共産主義革命のまえに戦慄せしめよ! プロレタリアはこの革命において鉄鎖のほかに失う何物もない。彼らの得るものは全世界である。万国の労働者よ、団結せよ。
    "... Die Proletarier haben nichts in ihr [Anm.: der Welt] zu verlieren als ihre Ketten. Sie haben eine Welt zu gewinnen. Proletarier aller Länder, vereinigt euch!" - Manifest der Kommunistischen Partei. Marx/Engels, MEW 4, S. 493, 1848

『ヘーゲル法哲学批判序論』[編集]

  •  合理的な解決が出来る貧困に対して、賃金の代わりに宗教を与えるのはよくない。……痛み止めの阿片だけを与えて病気の原因治療をしないのと同じだ。……宗教上の苦しみは、現実的な苦しみの表現でもあるし、現実的な苦しみにたいする抗議でもある。宗教は、逆境に悩める者のため息であり、心なき世界の心情であるとともに、精神なき状態の精神である。それは民衆の阿片である。
  • このフレーズはドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネの1840年の著作『Ludwig Borne iv(ルートヴィヒ・ベルネ)』中の「宗教は救いのない、苦しむ人々のための、精神的な阿片である」から引用したものと思われる。外部リンク[1]

その他[編集]

  • 哲学者たちは世界を色々な仕方でただ解釈してきた。しかし肝心なのは、世界の変革である。--『フォイエルバッハ論』1845年
    Die Philosophen haben die Welt nur verschieden interpretiert; es kömmt drauf an, sie zu verändern. - Thesen über Feuerbach. MEW 3, S. 7, 1845
  • もろもろの革命社会の牽引車である。--「フランスにおける階級闘争」、1850年。
    Die Revolutionen sind die Lokomotiven der Geschichte. - Die Klassenkämpfe in Frankreich 1848 bis 1850. MEW 7, S. 85, 1850
  • ゲーテはもっとも偉大なドイツの詩人であるだけではなく、もっとも偉大なドイツ人であった。
    Goethe war der größte Deutsche, nicht nur der größte deutsche Dichter. - mit Friedrich Engels in einem Aufsatz.
    • フリードリヒ・エンゲルスと共著の論文において。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアカール・マルクスに関する記事があります。