ジャン=ジャック・ルソー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
ジャン=ジャック・ルソーの肖像、ラムジー。1766年。スコットランド国立美術館(エディンバラ)所蔵。

ジャン=ジャック・ルソー[編集]

Jean-Jacques Rousseau (1712年 - 1778年)。スイス、ジュネーヴ出身のフランスの哲学者・政治思想家・教育思想家・作家。

出典の明らかなもの[編集]

人間不平等起源論 (1755)[編集]

  • 人間とは本質的に善いものであり、堕落しているのは社会のほうである。
  • あらゆる人間の知識のうちで最も有用でありながら、最も進んでいないものは、人間に関する知識であるように思われる。

社会契約論 (1762)[編集]

  • 自由を放棄することは、人間としての性質を放棄することである。
  • 単なる欲求への服従は奴隷となることであり、人が自らの命じる規律に従うのは自由となることである。
  • 社会の秩序は自然から生じたものではない。社会の秩序は慣習の上に基礎付けられている。
    L'ordre social ne vient pas de la nature. Il est fondé sur des conventions.

エミール (1762)[編集]

  • 良心! 良心! 神的な本能。
  • 自然は決して我々を欺かない。我々自身を欺くのは常に我々である。
  • 子供を不幸にする最も手っ取り早い方法は何か知っているだろうか。それは、いつでも何でも手に入れられるようにしてやることだ。
  • 私達はいわば二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二回目は生きるために。
  • 我々に決して出来ない唯一のこと、それは我々が知りえないことを無視することである。
    La seule chose que nous ne savons point, est d'ignorer ce que nous ne pouvons savoir.

帰されるもの[編集]

  • 幸福はその人の受ける苦しみの最小量によって測られなければならない。
  • 人間は生まれながらにして自由であるのに、至る所で鉄鎖に繋がれている。
  • にとっての良心とは、身体にとっての本能に等しい。
    La conscience est à l'âme ce que l'instinct est au corps.
  • は観察し、は判断する。
    La femme observe et l'homme raisonne.
  • ソクラテスの生と死が賢人の生と死だというなら、イエスの生と死はの生と死である。
    Si la vie et la mort de Socrate sont d'un sage, la vie et la mort de Jésus sont d'un Dieu.

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアジャン=ジャック・ルソーに関する記事があります。