ベンジャミン・フランクリン

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

ベンジャミン・フランクリン (1706年-1790年)[編集]

Benjamin Franklin. アメリカ合衆国独立期の作家、政治家。

出典の明確なもの[編集]

『プア・リチャ一ドの暦』(1733年 -1758年)[編集]

1733年[編集]

  • 女性と火のぬくもりがない家は、魂のない身体のようなものだ。
    A House without woman & Fire-light, is like a body without soul or sprite.
  • 財布が軽けりゃ、心は重い。
    Light purse, heavy heart.
  • 話は多く、仕事は少し。
    Great Talkers, little Doers.
  • 生きるために食べろ、食べるために生きるな。
    Eat to live, and not live to eat.
    • フランスに同種の諺がある。
  • 偉い人の愛顧は相続できない。
    The favor of the Great is no inheritance.
  • 若い医者と年寄りの床屋には気をつけろ。
    Beware of the young Doctor and the old Barber.
  • 貧乏人は少しだけ、乞食は何も持たず、金持ちは持ちすぎる。誰にもちょうどということがない。
    The poor have little, beggars none, the rich too much, enough not one.
  • 長生きしたければ、食事を減らせ。
    To lengthen thy Life, lessen thy Meals.
  • 不信と用心は安全の親。
    Distrust and caution are the parents of security.
  • 相談はワインを飲みながら、解決はその後でを飲みながら。
    Take counsel in wine, but resolve afterwards in water.
  • 人間とメロンは[外からでは中身を]知ることが難しい。
    Men and Melons are hard to know.
  • 二度煮たと、和解したかつてのには用心しろ。
    Beware of meat twice boiled, and an old foe reconciled.
  • 自分の国にいるよき天才は、鉱脈のなかの金のよう。
    A fine genius in his own country, is like a gold in the mine.
  • 小さな敵はいない。
    There is no little enemy.
    • どんな敵でも軽んじるな。

1734年[編集]

  • 安心して生きたいか。必要なことをしろ、好きなことではなく。
    Would you live with ease? Do what you ought, not what you please.
  • 何でもけなす人と何でもほめる人は、どちらも考えなしだ。
    Blame-all and Praise-all are two blockheads.
  • 何であれ怒りのなかにはじまったことは、恥辱のなかに終わる。
    Whate'ers begun in anger ends in shame.
  • 愚かさは古い友達。
    Beauty & Folly are old companions.
  • 一頭ので二羽のを捕らえようとは考えるな。
    Don't think to hunt two hares with one dog.
    • :二兎を追うもの一兎を得ず。
  • 愉しみを与えるものは、喜びを受け取る。
    Who pleasure gives, Shall joy receive.
  • のない婚姻があるところには、婚姻のない愛がある。
    Where there is Marriage without Love, there will be Love without Marriage.
  • 説得をしたいなら、論理を用いるのではなく、利益について話せ。
    Would you persuade, speak of Interest, not of Reason.
  • 服従できない者は、命令できない。
    He that cannot obey, cannot command.

1735年[編集]

  • よくない注釈者は書物のもっともよいところを損なう。神は肉をもたらし(といわれる)悪魔は料理人をもたらす。
    Bad Commentators spoil the best of books,
    So God sends meat (they say) the devil Cooks.
  • 友人はゆっくり選べ、変えるにはさらにゆっくりとやれ。
    Be slow in choosing a Friend, slower in changing.
  • 巧緻な男はを盗み、賢い男は盗人をほうっておく。
    The cunning man steals a horse, the wise man lets him alone.
  • 謙遜は偉大な人を二倍名誉あるものとする。
    Humility makes great men twice honourable.
  • 二人が死んでいるなら、三人いて秘密が守られる。(つまり、3人で秘密は守れない。)
    Three may keep a Secret, if two of them are dead.
  • 多くの傷を受けるほうが、ひとつの傷を与えるよりもよい。
    It is better to take many Injuries than to give one.
  • 早寝早起きは、人を健康、富裕、賢明にする。
    Early to bed and early to rise, makes a man healthy, wealthy and wise.
  • 目上への謙譲は義務、同輩には礼儀正しさ、目下へは高潔な行いである。
    To be humble to Superiors is Duty, to Equals Courtesy, to Inferiors Nobleness.

1736年[編集]

  • 魚と来客は三日で鼻につく。
    Fish & Visitors stink in 3 days.
  • 勤勉さは幸運の母。
    Diligence is the mother of Good-Luck.
  • 知りもしないことをするな。
    Do not do what you would not have known.
    • :生兵法は怪我の元。
  • 神は自ら助けるものたちを助ける。
    God helps them that help themselves.
  • 平和と安楽のうちに暮らすものは、知っていることすべてを語らず、見たことすべてに判断を下さない。
    He that would live in peace & at ease, Must not speak all he knows, nor judge all he sees.

1737年[編集]

  • 己を作りあげるものは、本を書き上げるものより賢い。
    He that can compose himself, is wiser than he that composes books.
  • よく為すはよく語るに勝る。
    Well done is better than well said.

帰せられるもの[編集]

  • は癒し、医者は支払いを受ける。
    "God heals, and the doctor takes the fee."
  • なり。
    "Time is money. "
  • 君の失敗を友人に告げること、それが友人を大いに信頼するということだ。友人の失敗を友人につげるより、より偉大な信頼なのだ。
    "'It is a great confidence in a friend to tell him your faults; greater to tell him his."