出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(うさぎ)に関する引用と諺。

出典の明らかなもの[編集]

  • 始めは処女の如く後は脱兎の如し。 -『孫子
  • 狡兎死して走狗烹(に)らる -- 司馬遷『史記』「越王句踐世家」
  • 狡兎死して良狗烹(に)らる -- 司馬遷『史記』「(韓信)淮陰侯列伝」
  • 因りて其の耒(すき)を釈(す)てて株を守り、復た兔を得んことを冀(こひねが)ふ。-- 『韓非子』「五蠹」
    因釈其耒而守株、冀復得兔。
    • 縮めて「守株待兔(しゅしゅたいと) 」「守株」「株(くいぜ)を守る」とも。
  • 獅子兎を搏(う)つ --陸九淵『象山先生全集』
    • 音読みして「獅子搏兎」(ししはくと)とも。ライオンは兎を捕えるにも全力を尽くすという意。
  • そこへうさぎが飛んで出て、/ころり、ころげた/木のねっこ。--北原白秋「待ちぼうけ」
    • 『韓非子』「守株」にちなむ。

[編集]

  • 兎死すればこれを悲しむ。--故事成語
  • 二兎を追う者は一兎をも得ず。(逐二兔者不得其一) --故事成語

伝承[編集]

  • では兎が餅を搗く。

外部リンク[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに関するメディアがあります。