ラルフ・ウォルドー・エマソン

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
ラルフ・ウォルドー・エマソン

ラルフ・ウォルドー・エマソン(Ralph Waldo Emerson、1803年5月25日 - 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。

出典の確かなもの[編集]

  • 私のうちなる崇高が沸き立たせられるのは、偉大なるストアの教えによってである。いわく「君自身に従え」。
    The sublime is excited in me by the great stoical doctrine, Obey thyself.
    • 『神学校演説』The Divinity College Address (1838)
  • すべての歴史主観的になる。言い換えれば、正しくは歴史は存在しない。あるのはただ伝記だけだ。--『随想・第一集』
    All history becomes subjective; in other words, there is properly no history; only biography. - Ralph Waldo Emerson "History" in Essays: First Series, (1841)
  • ならざるものは何であれ存続しえない。
    Nothing can be preserved that is not good.
    • 『書物礼賛』 In Praise of Books (1860)
  • 出版から一年たっていないを決して読んではいけない。
    Never read any book that is not a year old.
    • 『書物礼賛』
  • はごく僅かなことばが莫大な力をもつことを教え、また霊感に釣り合った仕方で、だらけたおしゃべりを抑制する。
    Poetry teaches the enormous force of a few words, and, in proportion to the inspiration, checks loquacity.
    • 『パルナッソス』「序文」Parnassus, Preface (1874)
  • 二種類の詩人がいる。教育と研鑽によって詩人となったものを、我々は尊敬する。その生まれつきによって詩人であるものを、我々は愛する。
    There are two classes of poets—the poets by education and practice, these we respect; and poets by nature, these we love.
    • 『パルナッソス』「序文」
  • 雑草とはなんだろう。その美質をいまだ見出されていない植物である。
    What is a weed? A plant whose virtues have not yet been discovered.
    • 『共和国の運命』 Fortune of the Republic (1878)
  • 人生のもっとも苦い要素が知的な要因からもたらされるのは、過酷な運命なるものを信じることによってである。
    The bitterest tragic element in life to be derived from an intellectual source is the belief in a brute Fate or Destiny.
    • 『知性の自然史』The Natural History of Intellect (1893)

日記[編集]

  • 異なる精神にとっては、同じ世界が地獄でもあり、天国でもある。
    To different minds, the same world is a hell, and a heaven.
    • 1822年12月20日
  • 汝喜びを得べし、さなくば権力を得べし、と神はいひ給ひぬ。つまり両方を得ることはできない。
    You shall have joy, or you shall have power, said God; you shall not have both.
    • 1842年10月
  • は泡のように新しく、岩のように年老いていなければならない。
    Poetry must be new as foam, and as old as the rock.
    • 1845年3月

帰せられるもの[編集]

  • 社会は波だ。波そのものは動き、前進していく。しかし波を作っている水そのものはそこにとどまる。--『エッセイ』
  • 読む本が人を作る。
    A man is made by the books he reads.
  • どんな食事をしたかと同じくらい、どんな本を読んできたか、もう覚えていない。けれどもそれが私を作っている。
    I no more remember the books I have read than the meals I have eaten, but they have made me.
  • 疑うまでもなく、真実は美しい。だが嘘もまた。
    Truth is beautiful, without doubt; but so are lies.
  • 暗さがもっとも増すときに、人々は星を見る。
    When it is darkest, men see the stars.

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアラルフ・ワルド・エマーソンに関する記事があります。