書物

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

書物に関する引用

引用[編集]

出典が確かな物[編集]

  • 悉く書を信ずれば則ち書無きに如かず。 --孟子『孟子』尽心下
  • ひとり燈火のもとに文をひろげて、見ぬ世の人をとするこそ、こよなう慰むわざなれ。文は文選のあはれなる卷々、白氏文集、老子のことば、南華の篇。この國の博士どもの書けるものも、いにしへのは、あはれなる事多かり。 -- 吉田兼好『徒然草』十三段
  • 良書を抹殺するのは、人間を殺すのに匹敵するほどよろしくない。殺人者は理性ある被造物、の像を殺すのである。一方、良書を破壊する者は、理性そのもの、目の当たりにするがごとき神の像を殺すのである。 -- ジョン・ミルトン『アレオパギティカ』(Aleopagitica)
  • 書物は我々のうちなる凍った海のための斧なのだ。--フランツ・カフカ、1904年1月27日付けオスカー・ポラック宛書簡

帰せられるもの[編集]

  • 書物とは、偉大な天才が人類に残す遺産である。書物は世代から世代へと受け継がれ、現在からまだ生まれぬ未来のものたちへと伝わる。--ジョゼフ・アディソン