中塚一碧楼

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中塚一碧楼 (1887年‐1946年)[編集]

帰せられるもの[編集]

  • 草青々は去り
  • に映つたわたしがそのまま来た
  • 地政学の書物僕も少し読む火鉢の火を直す
  • 病めば蒲団のそときを覚え
  • 我死ぬ家の木ありて花野見ゆ