元シン

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
元稹から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

元稹(げん しん、779年—831年)は、中国·唐の詩人。

引用[編集]

和漢朗詠集[編集]

  • これはなうちひとへきくあいするにはあらず、このはなひらきてのちさらはなければなり。
    • 不是花中偏愛菊。此花開後更無花。--十日菊花
  • 壺中こちう天地てんち乾坤けんこんほか夢裏むり身名しんめい旦暮たんぼあひだ
    • 壺中天地乾坤外。夢裏身名旦暮間。--幽栖
  • うとひとらずおんくるところ、たゞ羅衣らい御香ぎよかうまるあり。
    • 外人不識承恩處。唯有羅衣染御香。--宮詞
  • 言語げんぎよたくみに鸚鵡あうむしたぬすみ、文章ぶんしやう鳳凰ほうわうわかたり。
    • 言語巧偸鸚鵡舌。文章分得鳳凰毛。--贈薛濤
  • 西施せいし顔色がんしよくいまいづくにかる、まさに春風しゆんぷう百草ひやくさうほとりるべし。
    • 西施顏色今何在。應在春風百草頭。--春詞
  • こほり田地でんちえて蘆錐ろすいみじかく、はる枝条しでうりて柳眼りうがんひくし。
    • 氷消田地蘆錐短。春入枝條柳眼低。--寄楽天
  • みづはら柳花りうくわ千万点せんまんてんろうへだつる鴬舌あうぜつ両三声りやうさんせい
    • 拂水柳花千萬点。隔樓鶯舌兩三聲。--過元魏志襄陽楼口占
  • うめ鶏舌けいぜつふくみて紅気こうきねたり、瓊花けいくわもてあそびて碧文へきぶんびたり。
    • 梅含雞舌兼紅氣。江弄瓊花帶碧文。--早春尋李校書
  • 蛍火けいくわみだびてあきすでちかし、辰星しんせいはやかくれてよるはじめてながし。
    • 螢火乱飛秋已近。辰星早沒夜初長。--夜座
Wikipedia
ウィキペディアにも元シンの記事があります。