劉仲敬

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉仲敬(りゅう ちゅうけい)はウイグル自治区で生まれ、四川籍を持つ政治思想家である。独立主義的な思想で知られ、現在はアメリカに居住している。中国を諸夏(孔子が東アジア大陸にあった国らに対する呼称)に解体すべきとし、中国という国は存在すべきではないと主張している。日本はアジア唯一の列強として讃頌し、優越性を強調。旧日本軍は実力不足であったものの汎アジア主義を敢行し失敗したことに対し戦略上のミスを分析、指摘したことはあったが、日本の国民性、秩序と文明を高く評価し、親日家である。

発言[編集]

第二次世界大戦中アメリカの極東戦略と仮説[編集]

  • 海洋戦略は私達にとって極めて重要です。 もし広東とマレーは一つの連邦になれば、人口と経済で日本に匹敵することになる。 この連邦は南シナ海を取り囲んでいるので、現在の日米同盟に代わる素晴らしいものになるでしょう。[1]
  • 1946年に調印された中米条約は、両国間の自由な移住の権利を認めたものであり、これは日本を敗北させるための報酬として私たちが200年で手に入れることができる最有利の条約です。 米国の主要同盟国という役割が、朝鮮戦争後、中国から日本に移っただけ。[2]

大東亜戦争の失敗を招く汎アジア主義に対する指摘[編集]

  • 日本の中国侵略の目的は、全アジアの資源を統合して、西側とソ連に対抗するためだ。[3]
  • なぜ日本は失敗したのか? 日本は、中国への武装介入により、国際戦争法に違反し、英米などの国々によって警告されました。日本は、中国国民党との戦争の同時に、極東全体を支配という日本の私利を狙いましたため、自分自身も犯罪者になった。[4]

共産党機関の無能さに対する解説[編集]

  • 2009年以前は、ウルムチでの生活を楽しんでいました。 私は法医の同僚たちが村ごとのすべてのウイグル人を強制収容所に入れることをよく知っていた、しかし私にとって、このウイグル鎮圧は大したこともない。 仕事を休んでいても給料がもらえますので、ほとんどの時間は書店で満喫し、パリの知識人のようにまくし立てることだった。[5][6][7]

民主政治の脆弱性[編集]

  • 台湾人の政治生活は、私たち中国の人々が苦しんでいるものと比較したら、あまりにも幼稚すぎない。[8]
  • 台湾は伝統中華のユートピアである。しかし台湾の士大夫階層は、民進党の暴民政治を苦しんでいた。[9]
  • (台湾支配下の)金門と連江は独立を得て、それからピン越の復国運動の基地として役立つべきです。[10]