大弐三位

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大弐三位

大弐三位 (だいにのさんみ、999年頃‐1082年頃)は平安中期の女流歌人。女房三十六歌仙の一人。藤原宣孝の女、母は紫式部。本名は藤原賢子(ふじわら の かたいこ または けんし)。藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べんのめのと)とも呼ばれる。はじめ母の後を継ぎ、一条院の女院上東門院藤原彰子に仕え、のち関白・藤原道兼の次男・兼隆と結婚した。親仁親王(後冷泉天皇)の誕生に伴い、その乳母に任ぜられた。後冷泉天皇即位後とともに従三位に昇叙、夫・成章も大宰大弐に就任した

引用[編集]

  • 有馬山ゐなの笹原風ふけばいでそよ人を忘れやはする
    • 『後拾遺和歌集』『小倉百人一首』収録。
  • 梅の花なににほふらむ見る人の色をも香をも忘れぬる世に
    • 『新古今和歌集』収録。詞書「上東門院、世をそむき給ひにける春、庭の紅梅を見侍りて」
    • 藤原彰子は1026年出家。
  • はるかなるもろこしまでもゆくものは秋の寝覚の心なりけり
    • 『千載和歌集』収録。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも大弐三位の記事があります。