天智天皇

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天智天皇 (てんぢてんのう、626年-671年)は日本の天皇。飛鳥時代の人。持統天皇は娘。

  • の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ
    『後撰集』巻六。藤原定家の『小倉百人一首』第一首。
  • わたつみの 豊旗雲に 入り日見し こよひのつきよ さやに照りこそ
    渡津海乃豊旗雲爾伊里比沙之今夜乃月夜清明己曽『萬葉集』巻一15 なお比沙之は「イ弥之」とする説もある。


Wikipedia
ウィキペディアにも天智天皇の記事があります。