小野老

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野老(おの の おゆ、生年不詳 - 737年(天平9年))は、奈良時代の歌人、貴族。系譜は明らかでないが一説では中納言・小野毛野の子。官位は従四位下・大宰大弐。万葉集に3首が入集する。

引用[編集]

  • あをによし寧楽なら京師みやこは咲く花のにほふがごとく今盛りなり --『万葉集』巻三・328
  • 時つ風吹くべくなりぬ香椎潟潮干の浦に玉藻刈りてな --『万葉集』巻六・958
  • 梅の花今咲けるごと散り過ぎず我がの園にありこせぬかも--『万葉集』巻五・816。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも小野老の記事があります。