島崎藤村

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

島崎藤村(1872年 - 1943年)[編集]

自然主義文学の先陣を切った日本の詩人、小説家。

  • 生命は力なり、力は聲なり、聲は言葉なり、新しき言葉はすなはち新しき生涯なり。
    『藤村詩集』より
  • 木曽路はすべて山の中である。 -- 『夜明け前』
  • まだあげ初めし前髪の
    林檎のもとに見えしとき
    前にさしたる花櫛の
    ある君と思ひけり

    やさしく白き手をのべて
    林檎をわれにあたへしは
    薄紅の秋の実に
    人こひ初めしはじまりなり

    わがこゝろなきためいきの
    その髪の毛にかゝるとき
    たのしき恋の盃を
    君が情けに酌みしかな

    林檎畠の樹の下に
    おのづからなる細道は
    誰がふみそめしかたみぞと
    問ひたまふこそひしけれ
    『若葉集』
  • 名も知らぬ遠き島より
    流れ寄る椰子の實一つ

    故郷の岸を離れて
    汝はそも波に幾月

    もとの樹は生ひや茂れる
    枝はなほ影をやなせる

    われもまた渚を枕
    孤身の浮寢の旅ぞ

    實をとりて胸にあつれば
    新なり流離の憂

    海の日の沈むを見れば
    激り落つ異郷の涙

    思ひやる八重の汐々
    いづれの日にか國へ歸らむ -- 「椰子の實」
    『藤村詩抄』