故郷

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

故郷・ふるさとに関する引用・諺

引用[編集]

  • 人はいさもしらずふるさとはぞむかしの香ににほひける -- 紀貫之『古今和歌集』
  • み吉野の白つもるらしふるさとさむくなりまさるなり -- 坂上是則『古今和歌集』
  • みよし野の山の秋風さ夜ふけて 故郷さむくうつなり -- 参議雅経『新古今和歌集』
  • わすれじと契りていでしおもかげは見ゆらむものをふるさとの -- 藤原良経『新古今和歌集』
  • 名も知らぬ遠きより 流れ寄る椰子の實一つ/故郷の岸を離れて 汝はそもに幾月 -- 島崎藤村『椰子の實』
  • ふるふるさとははだしで歩く -- 種田山頭火『草木塔』
  • さとりゆくまことのに入りぬれば恋しかるべき故郷もなし -- 慈円『新古今和歌集』
  • ふるさとの尾鈴の山のかなしさよもかすみのたなびきて居り -- 若山牧水
  • ふるさとの訛なつかし/停車場の人ごみの中に/そを聴きにゆく -- 石川啄木『一握の砂』[1]
  • ふるさとの山に向かひて/言ふことなし/ふるさとの山はありがたきかな --石川啄木『一握の砂』[1]
  • 故郷やよるもさはるもの花 -- 小林一茶『七番日記』
  • 故郷はまで人を刺しにけり -- 小林一茶『おらが春』
  • 故郷の狭さを計りたければ、をしろ。時代の狭さを計りたければ、歴史を学べ。 -- クルト・トゥホルスキー
  • ふるさとの幾山垣や今朝の秋 -- 芝不器男『不器男全句集』
  • ふるさとにわれより年のたけたるは一人もあらずあはれ一人も -- 太田水穂『双飛燕』

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 石川啄木. “『一握の砂』”. 青空文庫. 2015年11月5日 (木) 23:33 (UTC)閲覧。