崇徳天皇

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

崇徳天皇(すとくてんのう、1119年7月7日 - 1164年9月14日) は平安時代の天皇。政治的には不遇。『久安百首』『詞花和歌集』を詠進させた。保元の乱に敗れ、讃岐に流罪になった。

出典の明らかなもの[編集]

和歌[編集]

『詞花和歌集』[編集]
  • 瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ
    • 『久安百首』には、「ゆきなやみ岩にせかるる谷川のわれても末にあはむとぞ思ふ」。
    • 藤原定家により小倉百人一首に収録。
      • 本歌:武烈天皇「大太刀を垂れ佩き立ちて抜かずとも末は足しても遇はむとぞ思ふ」『日本書紀』
『千載和歌集』[編集]
  • 花は根に鳥はふる巣にかへるなり春のとまりをしる人ぞなき
    • 鳥はここではを指す。
  • はやせ川みをさかのぼる鵜かひ舟まづこの世にもいかがくるしき
  • たなばたに花そめ衣ぬぎかせば暁露のかへすなりけり
その他[編集]
  • 讃岐につかせ給ひしかども、国司いまだ御所をつくり出さざれば、当国の在庁、散位高季といふ者のつくりたる一宇の堂、松山といふ所にあるにぞ入れまゐらせける。されば事にふれて都をこひしく思しめしければ、かくなん
    ちどり跡はへかよへども身は松山に(ね)をのみぞなく--『保元物語』
    • 松山は現在の坂出市。
  • 夢の世になれこし契りくちずしてさめん朝(あした)にあふこともがな
    • 『玉葉和歌集』。死の直前、配所より藤原俊成に贈った長歌に付した反歌。

発言[編集]

  • 日本国の大魔縁となり、皇を取って民となし、民を皇となさん。--『保元物語』
Wikipedia
ウィキペディアにも崇徳天皇の記事があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズ崇徳天皇に関するメディアがあります。