川端茅舍

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川端茅舎(1897年 - 1941年)[編集]

かわばた ぼうしゃ。日本の俳人、画家。本名は川端信一。

作品[編集]

川端茅舎句集[編集]

  • 白露に阿吽(あうん)の旭さしにけり
  • 蚯蚓(みみず)鳴く六波羅蜜寺しんのやみ
  • しぐるゝや目鼻もわかず火吹竹
  • 一枚の餅のごとくに雪残る
  • 暖かや飴の中から金太郎
  • 漣(さゞなみ)の中に動かず蛙の目
  • 若竹や鞭の如くに五六本
  • 伽羅蕗(きゃらぶき)の滅法辛き御寺かな

華厳[編集]

  • 硝子戸に天鵞絨(びろうど)の如虫の闇
  • 寒雀もんどり打つて飛びにけり
  • 一聯の目刺しに瓦斯(がす)の炎かな
  • ぜんまいののの字ばかりの寂光土(じゃっこうど)
  • びびびびと氷張り居り月は春
  • 青蛙ぱつちり金の瞼かな
  • ひらひらと月光降りぬ貝割菜

白痴[編集]

  • 畑大根皆肩出して月浴びぬ
  • 咳き込めば我火の玉のごとくなり
  • また微熱つくつく法師もう黙れ
  • 咳かすかかすか喀血とくとくと
  • 約束の寒の土筆(つくし)を煮て下さい

春水光輪[編集]

  • 花杏(はなあんず)受胎告知の翅音(はおと)びび
  • 良寛の手鞠の如く鶲(ひたき)来し
  • 火の玉の如くに咳きて隠れ栖む
  • 朴散華(ほおさんげ)即ちしれぬ行方かな
  • 石枕してわれ蝉か泣き時雨