出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

に関する引用と諺。

万葉集[編集]

  • 藤原夫人に賜ふ御歌
    我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後(のち) -天武天皇
    • 返し
      我が岡の龗(おかみ)に言ひて降らしめし雪の摧(くだ)けしそこに散りけむ -藤原夫人(藤原鎌足女)
      • 天武天皇の後宮の藤原夫人が大原(今の奈良県明日香村小原)に里下りしていたときの詠。「龗(おかみ)」は雨や雪を掌るとされた水神。『万葉集』巻二・103,104
  • 我が背子に見せむと思ひし梅の花それとも見えず雪の降れれば -山部赤人
    • 『万葉集』巻六・944
  • 新(あらた)しき年の初の初春の今日降る雪のいや重け吉事(よごと) -大伴家持
    • 『万葉集』巻二十・4516。『万葉集』最後の一首である。天平宝字3年(759年)正月一日、因幡国庁での詠。

富士の雪[編集]

  • ……天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける……
    反歌
    田子の浦ゆうちいでてみれば真白にそ不尽(ふじ)の高嶺に雪は降りける -山部赤人
    • 『万葉集』巻三・317,318。小倉百人一首では「田子の浦にうちいでてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」。
  • 不尽(ふじ)の嶺(ね)に降り置く雪は六月(みなづき)の十五日(もち)に消ぬればその夜降りけり -高橋虫麻呂
    • 『万葉集』巻三・320
  • 知らぬ山は富士の嶺いつかとて鹿の子まだらに雪の降るらむ -在原業平

雪月花[編集]

  • 宴席詠雪月梅花一首(宴席に雪・月・梅花を一首に詠める)
    雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむはしき子もがも -大伴家持『万葉集』巻十八

古今和歌集[編集]

  • 君がための野にいでて若菜つむわが衣手にはふりつつ --光孝天皇
    • 『古今和歌集』春上。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • 霞立ち木の芽もはるの雪降れば花なき里も花ぞ散りける -紀貫之
    • 『古今和歌集』春上。
  • 雪降れば冬こもりせる草も木も春に知られぬ花ぞ咲きける -紀貫之
    • 『古今和歌集』冬。
  • 雪の内に春はきにけりうぐひすのこほれる涙今やとくらむ -二条后(藤原高子)
    • 『古今和歌集』春上。
  • 白雪のところもわかずふりしけば巌にもさく花とこそ見れ -紀秋岑
    • 『古今和歌集』冬。
  • 雪の降りけるを見てよめる
    雪ふればごとに花ぞさきにけるいづれをとわきてをらまし - 紀友則
    • 『古今和歌集』冬。「木ごと」(木毎)は、梅をあらわしたもの。漢詩の技法である離合詩を採り入れた和歌。
  • 冬ながらそらより花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらむ -清原深養父
    • 『古今和歌集』冬。
    • 参照:我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも -大伴旅人
      『万葉集』巻五・822
  • ぼらけ有明のとみるまでに吉野の里にふれる白雪 -坂上是則
    • 『古今和歌集』冬。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。

中古[編集]

  • 久しう罷り通はずなりにければ、十月ばかりに雪の少し降りたる朝、言ひ侍りける
    身をつめばあはれとぞおもふ初のふりぬることも誰にいはまし -右近
    • 『御撰和歌集』巻十四・恋六。
  • はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。-清少納言三巻本系『枕草子』
  • 雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃に火おこして 物語などして集りさぶらふに(宮)「少納言よ 香炉峰の雪いかならむ」とおほせらるれば 御格子上げさせて御簾を高く上げたれば 笑はせたまふ。-清少納言

新古今和歌集[編集]

  • とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮 -藤原定家
    • 『新古今和歌集』冬。
  • みよしのは山もかすみて白雪のふりにし里には来にけり -藤原良経
    • 『新古今和歌集』春上。巻頭歌である。
  • かきくらし猶ふるさとの雪の中にあとこそ見えねはきにけり -宮内卿
    • 『新古今和歌集』春上。
  • 山ふかみとも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水 - 式子内親王
    • 『新古今和歌集』春上。
  • うすくこき野辺のみどりの若草に跡までみゆる雪のむら消 -宮内卿
    • 『新古今和歌集』春上。「若草の宮内卿」の異名の由来。

その他[編集]

  • これがまあつひのすみかか雪五尺 -小林一茶
  • 雪ながら山もとかすむ夕かな -宗祇
    行水遠く梅にほふ里 -肖柏
    • 『水無瀬三吟百韻』。
  • いくたびも雪の深さを尋ねけり -正岡子規
  • ……
    汚れつちまつた悲しみは
    たとへば狐の革裘(かはごろも)
    汚れつちまつた悲しみは
    小雪のかかつてちぢこまる
    …… -中原中也「汚れつちまつた悲しみに……」『山羊の歌』より
  • 雪は天からの手紙である。 -中谷宇吉郎
  • 孤舟蓑笠翁,獨釣寒江雪。 -柳宗元、『江雪』

諺・成語[編集]

関連項目[編集]