後鳥羽院宮内卿

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後鳥羽院宮内卿[編集]

宮内卿(くない-きょう)または後鳥羽院宮内卿(ごとば/ごとばの-いん・くない-きょう)、生没年月日不明。女房歌人。一般には宮内卿とされることが多いが、同名の女房歌人と区別するために、特に後鳥羽院と冠することもある。

出典の明らかなもの[編集]

新古今和歌集[編集]

  • かきくらし猶ふる里の雪のうちに跡こそみえね春は来にけり
  • うすくこき野辺のみどりの若草に跡までみゆる雪のむら消え
  • 花さそふひらの山かぜ吹きにけりこぎゆく舟のあと見ゆるまで
  • あふ坂や梢の花を吹くからに嵐ぞかすむ関の杉むら
  • 片枝さすおふのうらなし初秋になりもならずも風ぞ身にしむ
  • 思ふことさしてそれとはなきものを秋の夕べを心にぞとふ
  • 心あるをじまのあまの袂かな月やどれとはぬれぬ物から
  • 月をなほ待つらんものかむら雨の晴れ行く雲の末の里人
  • まどろまでながめよとてのすさびかな麻のさ衣月にうつ声
  • 霜をまつ籬(まがき)の菊の宵のまにおきまよふ色は山のはの月
  • たつた山あらしや嶺によわるらんわたらぬ水も錦たえけり
  • からにしき秋のかたみや立田山ちりあへぬ枝に嵐ふくなり
  • きくやいかにうはの空なる風だにも松に音するならひありとは
  • 竹の葉に風ふきよわる夕ぐれの物のあはれは秋としもなし

続古今和歌集[編集]

  • と山なるならの葉までははげしくて尾花がすゑによわる秋風
Wikipedia
ウィキペディアにも後鳥羽院宮内卿の記事があります。