恵慶

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

恵慶[編集]

えぎょう。(生没年不明)日本の歌人。恵慶法師とも呼ばれる。

  • 山吹の花のさかりに井手にきてこの里人になりぬべきかな
    『拾遺和歌集』収録。
  • 八重むぐらしげれる宿のさびしきに人こそ見えねは来にけり
    『拾遺和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • あまの原空さへさえやわたるらん氷と見ゆる冬の夜の月
    『拾遺和歌集』収録。『古今和歌六帖』では詠み人知らず、『今昔物語集』では安法法師の作とする。