慈円

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

慈円 (1155年 - 1225年)[編集]

じえん。平安時代後期の日本の僧侶。天台座主。関白藤原忠通の息子。歴史書『愚管抄』の作者。吉水僧正とも。

  • おほけなくうき世の民におほふかなわが立つ杣に墨染の袖
    • 『千載和歌集』。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
    • 古くは天台座主就任(1192年)の決意の歌とする説があるが、千載集は1188年(文治四年)に完成したため、年代があわない。
  • 散りはててのかげなき木(こ)のもとにたつことやすき夏衣かな
    • 『新古今和歌集』。詞書は「更衣をよみ侍りける」。
  • 身にとまる思ひをおきのうは葉にてこのごろかなし夕暮のそら
    • 『新古今和歌集』。詞書は「題知らず」。
  • おほえ山かたぶくの影さえて鳥羽田(とばた)の面におつるかりがね
    • 『新古今和歌集』。詞書は「五十首歌たてまつりし時、月前聞雁といふことを」。
    • 「おほえ山」は大枝山、山城・丹波国境の山。現在の亀岡市と京都市の境にあたる。
  • みな人の知り顔にして知らぬかなかならず死ぬるならひありとは
  • 蓬生にいつか置くべき露の身はけふの夕暮あすの曙
  • 我もいつぞあらましかばと見し人を偲ぶとすればいとど添ひゆく
    • 『新古今和歌集』。詞書は「無常の心を」。三首が並ぶ。
  • 旅の世にまた旅寝して草まくらのうちにも夢をみるかな
    • 『千載和歌集』。
  • さとりゆくまことのに入りぬれば恋しかるべき故郷もなし
    • 『新古今和歌集』。

外部サイト[編集]