源融

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
源融

源融[編集]

源融(みなもと の とおる)は平安時代の政治家にて歌人。河原左大臣と呼ばれる。『源氏物語』の光源氏のモデルとされる。

和歌[編集]

  • 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに --『小倉百人一首

亡霊の託宣[編集]

  • 而るに(延長四年(926年))去月二十五日、大臣(=融)の亡霊、忽ち宮人に託して申して云う、我れ在世の間、殺生を事と為す。その業報に依りて、悪趣に堕つ。一日の中、三度苦を受く。剣林に身を置き、鉄杵にて骨を砕かる。楚毒の至痛なることは、具に言うべからず。唯だその笞掠の余、拷案の隙、昔日の愛執に因りて、時時来たりて此の院(=宇多院)に息うのみ、と。 -- 「宇多院為河原左相府没後修諷誦文」(『本朝文粋』)
    而去月二十五日、大臣亡霊、忽託宮人申云、我在世之間、殺生為事。依其業報、堕於悪趣。一日之中、三度受苦。剣林置身、鉄杵砕骨。楚毒至痛、不可具言。唯其笞掠之余、拷案之隙、因昔日之愛執、時時来息此院。
Wikipedia
ウィキペディアにも源融の記事があります。