源氏物語

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアにも源氏物語の記事があります。
Wikisource
ウィキソース源氏物語に関する記事群があります。

源氏物語は、紫式部作とされる11世紀初頭ころに成立した物語

源氏物語に関する引用[編集]

  • 源氏を一の卷よりして、人も交らず、几帳のうちにうち臥して、ひき出でつつ見る心地、后の位も何にかはせむ。 – 菅原孝標女『更級日記』
  • さても、この「源氏」作り出でたることこそ、思へど思へど、この世一つならずめづらかにおぼほゆれ。まことに、仏に申し請ひたりける験にやとこそおぼゆれ。–『無名草子』
  • 紫式部歌よみの程よりも、物書く事は殊勝の上、花宴巻は殊に艶なるものなり。源氏見ざる歌よみは遺恨のことなり。 – 藤原俊成(六百番歌合判詞)

源氏物語からの引用[編集]

巻別の記事があるものはそちらを参照。

  • 「雀の子を犬君が逃がしつる。伏籠のうちの籠めたりつるものを」--「若紫」
  • いと若うをかしげなる声の、なべての人とは聞こえぬ、「朧月夜に似るものぞなき」とうち誦じて、こなたざまには来るものか。いとうれしくて、ふと袖をとらへたまふ。--「花宴」
    「朧月夜に……」は大江千里の和歌を一部変えて引用したもの。
  • 須磨には、いとど心尽しの秋風に、海は少し遠けれど、行平の中納言の、関吹き越ゆると言ひけむ浦波、夜々はげにいと近く聞こえて、またなくあはれなるものは、かかる所の秋なりけり。--「須磨」


五十四帖[編集]

  1. 桐壺(きりつぼ)
  2. 帚木(ははきぎ)
  3. 空蝉(うつせみ)
  4. 夕顔(ゆうがお)
  5. 若紫(わかむらさき)
  6. 末摘花(すえつむはな)
  7. 紅葉賀(もみじのが)
  8. 花宴(はなのえん)
  9. (あおい)
  10. 賢木(さかき)
  11. 花散里(はなちるさと)
  12. 須磨(すま)
  13. 明石(あかし)
  14. 澪標(みおつくし)
  15. 蓬生(よもぎう)
  16. 関屋(せきや)
  17. 絵合(えあわせ)
  18. 松風(まつかぜ)
  19. 薄雲(うすぐも)
  20. 朝顔(あさがお)
  21. 少女(おとめ)
  22. 玉鬘(たまかずら)
  23. 初音(はつね)
  24. 胡蝶(こちょう)
  25. (ほたる)
  26. 常夏(とこなつ)
  27. 篝火(かがりび)
  28. 野分(のわき)
  29. 行幸(みゆき)
  30. 藤袴(ふじばかま)
  31. 真木柱(まきばしら)
  32. 梅枝(うめがえ)
  33. 藤裏葉(ふじのうらは)
  34. 若菜(わかな)
  35. 柏木(かしわぎ)
  36. 横笛(よこぶえ)
  37. 鈴虫(すずむし)
  38. 夕霧(ゆうぎり)
  39. 御法(みのり)
  40. (まぼろし)
  41. 雲隠(くもがくれ)
  42. 匂宮(におうのみや)
  43. 紅梅(こうばい)
  44. 竹河(たけかわ)
  45. 橋姫(はしひめ)
  46. 椎本(しいがもと)
  47. 総角(あげまき)
  48. 早蕨(さわらび)
  49. 宿木(やどりき)
  50. 東屋(あずまや)
  51. 浮舟(うきふね)
  52. 蜻蛉(かげろう)
  53. 手習(てならい)
  54. 夢浮橋(ゆめのうきはし)