芥川龍之介

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
芥川龍之介

芥川龍之介[編集]

東京生まれの日本の小説家(1892年3月1日 - 1927年7月24日)。 『今昔物語集』に材を取った短編小説、長編小説『河童』、アフォリズム『侏儒の言葉』などがある。

  • 人生は地獄よりも地獄的である。
  • 人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。
  • あらゆるの属性中、最も神のために同情するのは神には自殺の出来ないことである。
  • 自由は山巓の空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない。
  • 他人を弁護するよりも自己を弁護するのは困難である。疑うものは弁護士を見よ。
  • 阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている。(『河童』から)
  • 人間的な、余りに人間的なものは大抵は確かに動物的である。
  • わたしは良心を持っていない。わたしの持っているのは神経ばかりである。
  • 眠りはよりも愉快である。少くとも容易には違いあるまい。
  • 天才の一面は明らかに醜聞を起し得る才能である。
    『侏儒の言葉』より
  • 武器それ自身は恐れるに足りない。恐れるのは武人の技倆である。正義それ自身も恐れるに足りない。恐れるのは扇動家の雄弁である。
    『侏儒の言葉』より
  • 輿論は常に私刑であり、私刑は又、常に娯楽である。たとひピストルを用ふる代りに新聞の記事を用ひたとしても。
    『侏儒の言葉』より
  • 人生は一行のボオドレエルにも若かない。
    『或阿呆の一生』より
  • 恋愛はただ性欲の詩的表現をうけたものである。