菅原文太

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅原文太(1933 - 2014)は映画俳優、市民活動家。

語録[編集]

  • 平和憲法によって国民の生命を守ってきた日本はいま、道を誤るかどうかの瀬戸際にあるのです。真珠湾攻撃に猛進したころと大差ありません。
    • 日刊ゲンダイ2013年8月29日号にて
  • 憲法は変えたらダメだと思っている。戦後68年間、日本がどこの国とも戦争をしないで経済を発展してこれたのは。憲法9条のおかけだよ。9条は世界に誇れる日本だけが持っている宝ですよ。
    • 「通販生活」で
  • プロでない私が言うんだから、当てになるのかならないのかは分かりませんけど、政治の役割は二つあります。一つは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。もう一つは―これが最も大事です―絶対に戦争をしないこと。……本土の政府と仲井真知事は、まさに戦争が起きること、戦争をすることを前提に沖縄を考えていた。今、最も危険な政権と手を結んだ。沖縄の人々を裏切り、公約を反故にして、辺野古を売り渡した。私は映画『仁義なき戦い』の最後で、「山守さん、弾はまだ残っとるがよ。一発残っとるがよ」というセリフをぶつけた。仲井真さん、弾はまだ一発残っとるがよ。
  • 君が行くのかね。もしそこで、一発でも銃弾が飛べば、戦争が始まる。そして、自衛官の命が失われる。それでもいいのかね。君に聞きたい。君たち国会議員が守るのは、国家の名誉なのか、それとも、国民一人ひとりの命なのか。君は何も分かっていないようだ。私は、あの戦争を体験している。どんなことがあっても、二度と戦争はしてはいけない。名誉なんてものは、一度失っても取り戻すことは出来る。でも、命は一度失われたら二度と取り戻すことが出来ない。帰れ。
    • 水谷修武藤貴也と会食中、武藤が「法律を改正し、自衛隊を送り、武力を以てしても、中国船舶を追い返し、国土を守らなくてはいけない。これでは、日本の名誉が損なわれる」と発言した際に切り返して。武藤は席を蹴ってそのまま戻らなかったという[2]

以下全て小学館刊「本の窓」の『対談』より

  • 戦争を知らないバカどもが「軍備をぴっちり整えなくちゃダメだ」とか言い始めてる。まったく危ういですよね。それを防ぐためにはやっぱり、筋金入りの反戦家が増えてこないといけない。
    • 2012年9・10月号
  • 憲法改正を煽りたてる人たちは、いざとなったとき戦場には行かない。沖縄戦で20万人、広島と長崎で30万人、戦地では何百万人とも言われる青年たちが命を落とした。それを繰り返すのではあまりに情けない。
    • 2013年6月号
  • 日本はドイツと違ってすぐに過去を忘れて、ニワカ民主主義者が反省もなく生まれて、戦後ずっと来てしまった。上がそうだから、若い連中まで「虐殺なかった」なんて言ってる。なぜ謝罪をしないのだろうか?
    • 2013年7月号
  • まさに戦争を知らない安倍麻生石破の内閣トリオは異様な顔ぶれだね。この異様さに、国民もマスコミも、もっと敏感になってほしいよ。
    • 2013年12月号

出典[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも菅原文太の記事があります。