長嶋茂雄

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

長嶋 茂雄(ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、読売ジャイアンツの元プロ野球選手内野手、右投右打)・監督千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身。

語録[編集]

  • 「スターの上を行くスーパースターとは、普通なら取れない球も取ってくれと期待される選手のこと」
「スーパースター」とは何かと問われて。より原語に近く表記すれば「スターという選手はいくらでもいるのでしょうがね、その上にスーパーとつくというとね、もうね、取れない球も取ってくれというような、ええ」
  • 「我が巨人軍は永久に不滅です」
引退セレモニーにて。
  • 「洋服(当時は「一張羅・紳士服」などと同義語)着たことあるか?」
キャンプで、ルーキー定岡に向かって。
  • 「長嶋茂雄は長嶋茂雄であり続けなければ、演じ続けなくてはならないんです」
浪人中に。
  • 「メイクドラマ」「メイクミラクル」「ミラクルアゲイン」
逆転優勝をめざして。
  • 「野球は人生そのものだ」「リハビリはウソをつかない」
脳梗塞から復帰後の座右の銘。
  • 「ミートグッバイ」
肉離れの意
  • 「打つと見せかけてヒッティング」
  • 「うわー外車多いな」
アメリカの空港から出てのひとこと
  • 「危なかったですよ。ギョクですよギョク。当たっていたらギョクが粉々ですよ」
股間にボールが当たりそうになったとき
  • 「おい、山下!」
高橋由伸に向かって
  • 「魚偏にブルー」
「鯖」という漢字の書き方を聞いて。

長嶋茂雄への言及[編集]

  • 「王(や長嶋)がヒマワリなら、オレはひっそりと日本海に咲く月見草」 -- 野村克也
王に本塁打記録を抜かされたとき。
  • 「知らないです。長嶋さんって、現役時代はボクが生まれる前だし」 -- 新庄剛志
1994年秋季キャンプにおいて、山内一弘コーチに「チャンスに強く常にファンを喜ばせるだけの華がある。王貞治ではなく長嶋茂雄を目指せ」と声をかけられたとき。[1]
  • 「長嶋さんや野村さんは現役時代も超一流ですし、今も選手より人気がある。『三国志演義』でいえば劉備です。僕は曹操だから勝つしかない」 -- 原辰徳
2002年の新監督就任インタビューにて。

備考[編集]

当然、都市伝説のようなエピソードが多い。70年代後半の漫画あぶさんを出元とした、「失敗は成功のマザー」というエピソードがある。

脚注[編集]

  1. 『新庄のやり方50―人生・仕事に役立つ「SHINJO流」哲学』三洲田泰雅、覇夢付愛太(廣済堂出版 2006年12月)113p - 116p