阿倍仲麻呂

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
阿倍仲麻呂

阿倍仲麻呂[編集]

奈良時代の日本人の官僚。遣唐使として中国に渡り、科挙に合格し玄宗に仕えた。一度日本への帰国の途に着いたが、難破し、長安に戻って栄進し唐土に客死した。中国名を晁衡または朝衡と伝える。

阿倍仲麻呂からの引用句[編集]

  • あまのはらふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも

阿倍仲麻呂に関する引用句[編集]

李白「哭晁卿衡」

日本晁卿辭帝都
征帆一片遶蓬壺
明月不歸沈碧海
白雲愁色滿蒼梧
日本の晁卿帝都を辭す
征帆一片蓬壺を遶(めぐ)る
名月帰らず碧海に沈み
白雲愁色蒼梧に滿つ

王維の項も参照。