コンテンツにスキップ

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
雉子から転送)

(きじ)に関する引用句、成句。古くはきぎし、きぎすとも言う。春の季語。

引用句[編集]

  • の野にあさる雉の恋ひにおのがあたりを人に知れつつ -- 大伴家持『万葉集』
  • 雉鳴く高円の辺に花散りて流らふ見む人もがも -- 作者不詳『万葉集』
  • あしひきの片山雉立ち行かむ君に後れて現しけめやも -- 作者不詳『万葉集』
  • 武蔵野のをぐきが雉立ち別れ去にし夕より背ろに逢はなふよ -- 作者不詳『万葉集』
  • の野にさ躍る雉いちしろく音にしも哭かむ隠妻かも -- 大伴家持『万葉集』
  • あしひきの八峰の雉鳴きとよむ朝明の霞見れば悲しも -- 大伴家持『万葉集』
  • のしきりに恋し雉子の声 -- 松尾芭蕉『曠野』
  • 春の野に若菜摘みつつ雉の声 きけば昔の思ほゆらくに -- 良寛『良寛歌集』

成句[編集]