土井晩翠

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

土井晩翠(1871 - 1952)[編集]

どい ばんすい、日本の詩人。

荒城の月(こうじょうのつき)[編集]

原題『荒城月』明治三十四年(1901年)

  • 高樓のの宴 めぐる盃影さして 千代のが枝わけいでし 昔のいまいづこ
    陣營のの色 鳴き行くの數見せて 植うるつるぎに照りそひし むかしの光今いづこ
    いま荒城のよはの月 變らぬ光たがためぞ 垣に殘るはただかつら 松に歌ふはただあらし
    天上影は變らねど 榮枯は移る世の姿 寫さんとてか今もなほ ああ荒城のよはの月

外部リンク[編集]

土井 晩翠